刑事事件とは | 弁護士にも相談し生活の安全と保障を実現|トラブル解決ナビ

弁護士にも相談し生活の安全と保障を実現|トラブル解決ナビ

男女

刑事事件とは

弁護士に依頼をしよう

男女

法律上では大きく分けて"行政""民事""刑事"とあるが、刑事は主に法の違反者に対して正当な罰を与えるために存在しており、それに該当する事件の事を刑事事件という。ちなみに民事事件は人と人との争いの事であり、例としては金銭の貸し借りのトラブル等が挙げられる。刑事事件での被告人、被疑者は弁護士をつける権利があり、弁護士は被告人の無罪を主張、あるいは適切な判決が下されるよう検察官と争う。刑事における被告人の弁護士は、公判における法廷内での活動のみならず、不起訴への活動や示談交渉等も行う。

刑事事件での弁護士の必要性

刑事事件の場合、どうしても冤罪の可能性がついてまわる。冤罪をなくすために取り調べの可視化など様々な対策が検討されているが、現在のところ最も冤罪を防止するのに有効な手段は弁護士を同席させるという方法になる。また弁護士に頼るということは容疑者の権利である。取り調べる側が証言を誘導したり、高圧的な態度で自白を強要できないようにするためにも弁護士の存在というのは重要である。容疑者にとって弁護士の必要性は非常に大きいものである。

刑事事件の権利

被疑者となった場合には、その状況において憲法によって保障される人権を意識することが重要である。その中でもすぐに行動に移せるものとして弁護士を立てるというものがある。裁判を受ける権利や法定手続きの保障といったことをスムーズに行えるようにするためにも、その前段階の過程において不備がないようにするためにもその状況になったところで弁護士への連絡を主張することが効果的である。今後の戦略構築や刑事事件についてのプロセスの確認にも役に立つからである。