不当解雇の相談をする | 弁護士にも相談し生活の安全と保障を実現|トラブル解決ナビ

弁護士にも相談し生活の安全と保障を実現|トラブル解決ナビ

男女

不当解雇の相談をする

法的問題を相談

裁判

当人の非がなく、あるいは契約上にない理由で一方的に解雇されることを指すものである。通常の労働契約においては雇用者、被雇用者間において労働法による契約がなされるものであるが、それらの中には雇用契約について履行する相互の義務が存在するのである。条件を満たさない状態での解雇を行うという場合には不当解雇となるため、法的に係争することや違約金、退職金などについて請求するといった次善策をとることが可能になるのである。

不当解雇のメリット

不当解雇は、解雇に相当する理由なく、理不尽に解雇を言い渡されることであり、解雇された職員や従業員に解雇責任がないため、本来、離職後、待機期間を経過しなければ雇用・失業保険を受けとることができないが、不当解雇の場合には、離職直後から受けとる手続きを行うことが可能です。不法行為ではありませんが、勤怠不良、能力不足、病欠、私生活上の出来事、セクハラなどを解雇原因とし、違法性が著しい場合には、慰謝料請求が認められます。

不当解雇の対策

不当解雇の対策としては、解雇が不当であることを証明するため、まずは理由の明記された解雇通知書を会社から発行してもらうことである。そして理由の本文が法律違反でないかどうか、また明確な法律違反でなくとも就業規則や労働協約には違反していないか、あるいは会社側が都合のよい解釈をしているグレーゾーンがないかどうかをチェックすることである。その上で専門の弁護士に相談し、場合によっては内容証明の郵便で解雇の撤回要求をおこなうことが可能である。