弁護士にも相談し生活の安全と保障を実現|トラブル解決ナビ

男女

不当解雇の相談をする

裁判

会社に勤めている場合、急に解雇を申し立てられることを不当解雇と言います。この場合、条件によっては慰謝料や退職金などを会社に請求することが出来るので弁護士に相談すると良いでしょう。

刑事事件とは

男女

刑事事件では弁護をしてくれる弁護士を雇う必要があり、無罪になる証拠などを集めてくれます。また、法廷内でも弁護してくれるので全面的にサポートをしてもらうと良いでしょう。

離婚時の悩みを解決する

男女

結婚当初はお互いに好きだったとしても、中には長い結婚生活でお互いに相手に対して不満を持つ夫婦がいるのですが、お互いに結婚生活を続けることが無理だと感じた時は離婚することができ、内容によっては弁護士に依頼することが大切です。

気軽に相談できる

新宿には敏腕弁護士が数多く存在するため、安心して依頼をすることが出来ます。女性向けの相談も設けており、上司からのパワハラやセクハラなどに関して相談をすることも可能です。

日常で起こるトラブル

裁判

私達が法律のことに対して詳しくないのはなぜなのか、それは法律は普段は意識することが無いからです。道徳的な面を守っていれば、私達は法律に触れるような出来事にはあまり遭遇しません。しかし、まったく無関係というわけでもありません。車の運転免許を取得する場合は法律について学ばなければなりませんし、運転するときも法律を順守すべきです。さらに、事故に遭遇し相手側に賠償金を請求する時は保険を使うことにもなりますが、示談で解決しなかった場合は裁判ということにもなります。このように、私達が普段生活している上で、医療や交通ルール、相続などいろんな面で法律が関わってくるのです。その時、法律のことについて詳しくない私達がうまく対処できるわけがありません。そんなときに弁護士や税理士など、法律や規制のことについて詳しい専門家の意見を聞くべきなのです。

法律に関わるトラブルについてある程度知っておけば、どんな場面で法律が使われるのかを知ることができます。トラブルに遭遇する前に知識としてもっておくだけでも、いざという時の対応が違ってきます。また、法律といえば弁護士でもありますが、弁護士以外でも税理士や司法書士、行政書士なども法律の専門家です。法律の専門家でなくても相談する場所は豊富にあります。臨床心理カウンセラーに頼れば夫婦関係修復をするための取り組みに対しアドバイスが貰えますし、医療過誤などの相談については弁護士だけでなく専門のNPO団体などが相談受付や弁護士紹介などを行なってくれるので便利です。離婚、医療、税など、いろんな面で豊富な知識を持つ人を利用して生活の安全を保ちましょう。